【ネットビジネスブログ構築】手順編②:エックスサーバーでの独自ドメイン取得のやり方

WordPress

どうも、れぼるです。

 

今回は、エックスサーバーでの独自ドメイン取得のやり方を解説します。

 

エックスサーバーを利用している場合、独自ドメインも取得できるので、

サーバーとドメインが同一会社になるので、連携・運用がとても楽になります。

 

他社でドメインを取得した方が安く取得出来ることもありますが、

連携作業が複雑になってしまいます。

構築や管理といった作業に無駄な時間を使いたくない方は、

サーバーもドメインもエックスサーバーにしてしまうのがお勧めです。

 

目次:

1.独自ドメイン取得

2.取得したドメインを、エックスサーバーに反映させる

3.まとめ

 

 

 

1.独自ドメイン取得

インフォパネルにログインする。

画面左のメニューの中から、契約関連の中の”追加のお申し込み”をクリック

 

ドメインの欄の”新規取得”をクリック

 

利用規約、個人情報の取り扱いを読んで、下の同意するをクリック。

取得したいドメインを入力して、検索する。

 

ドメインの種類について

ドメインの種類にはそれぞれ意味があります。

個人でネットビジネスに使用する場合は、.comか.netか.jpがお勧めです。

.comは世界中誰でも取得できる商業用

.netは元々はネットワーク用でしたが、今は制限なし

.jpは日本でしか取得できないので、信頼性が高い印象があります。その分ちょっとお値段高めです。

といってもSEOに関してはほとんど差が無く、信頼性の印象についても普通の人はドメインの種類の意味を理解していないので、どれを選んでも大きな差はありません。

最終的にはあなたの作るコンテンツが一番大事です。

 

 

検索したドメインが使用可能であれば、”(ドメイン名)を申し込む”をクリック

 

 

ドメイン名が正しいか確認して、”お申し込み内容の確認”をクリック

 

再度ドメインが正しいか確認して、”お申し込みをする[確定]”をクリック

画面にも出てきますように、一度申請するとキャンセルや変更が出来ないので、

注意しましょう。

 

 

2.取得したドメインを、エックスサーバーに反映させる

先ほど取得したドメインを、サーバーに反映させます。

 

 

サーバーパネルにログインする。

エックスサーバー契約時に届いた、

“サーバーアカウント設定完了のお知らせ”メールを開いて

メール中腹の”サーバーアカウント情報”から

サーバーパネルにログインする

 

 

サーバーパネルにログインすると、いかのがめドメイン設定をクリック

 

ドメインの追加設定のタブをクリック

 

取得したドメインを入力して、”ドメインの追加(確認)”をクリック

これでドメインがサーバーに反映されます。

 

※ドメイン反映には時間がかかることがあります。

上記設定後、本格的にドメインが反映されるまでに時間がかかることがあります。

(1時間~1日程度)

WordPressをインストールしてブログにアクセスして、エラーメッセージが表示された場合、まだドメインが反映されていない可能性があります。

そのときはしばらく経ってから再度アクセスしてみて下さい。

 

まとめ

以上がエックスサーバーでの独自ドメインの取得から反映までの流れです。

エックスサーバーの契約手順の記事でも書きましたが、

サーバーとドメインが同一会社で管理できるので割とシンプルな手順で出来るのがメリットです。

 

次回はWordPressの自動インストールについてお話します。

 

それでは、お疲れ様でした。

次回は、エックスサーバーでのWordPressのインストールについてです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました