WordPressブログ内の文章やURLを一括置換。プラグイン【Search Regex】の使い方

WordPress

どうも、れぼるです。

今回は、過去に書いた記事の文章などを一括で置換できるプラグイン【Search Regex】の使い方を解説します。

アフィリ
うぅ~~~~~~~~~~
Revol
どうした?
アフィリ
アタシとしたことが、ずっと漢字の変換ミスをしていたものがあったみたいで。修正してるんだけど記事を1つ1つ確認するのは難儀ね。
Revol
それなら、ブログ内の文字列を一括で検索・置換できるプラグインがあるぞ。

アフィリ
!?

Revol
例えば、

・SSL化したので、過去記事の内部リンクや画像URLを http~ から https~に変えたい

・名称等の変更があったので、過去の記事のものを置き換えたい

・何気なく使っていた表現を、適切なものに換えたい

といった時、記事を1つ1つ編集しなくても、ブログ全体をまとめて置換できるようぞ

アフィリ
今すぐ教えてください、お願いします。

Search Regexのインストール&有効化の手順

Revol
まず、Search Regex をインストールし、有効化から。

 

ダッシュボードのメニューから「プラグイン」>「新規追加」の順でクリック

 

検索欄に「Search Regex」と入力し検索
一覧に「Search Regex」が出てくるので「今すぐインストール」をクリック

 

インストールが完了したら「有効化」をクリック

 

これで「Search Regex」を使用できます。

Search Regexの使い方

Revol
それでは、ここから実際に Search Regex を使ってみよう。

ダッシュボードのメニューから「ツール」>「Search Regex」の順でクリックします。

 

Search Regex の画面が開きます。

アフィリ
んん~!? 全部英語表記じゃない。まあ、わたしは何となくわかるけど(ドヤッ
Revol
英語なのでちょっと分かりにくいけど、1つ1つ見ていくぞ。

① 「Source」は置換作業を行う範囲についてです。

ドロップダウンを開くと検索・置換する範囲を次の中から選べます。

Comment author : コメントの名前
Comment author email : コメントのメールアドレス
Comment author URL : コメントのURL
Comment content : コメントの本文
Post content : 記事の本文
Post excerpt : 記事の抜粋
Post meta value : 記事のカスタムフィールド
Post title : 記事のタイトル
Post URL : 記事のURL

② 「Limit to」は一度に置換を行う数の上限です。

「No limit (上限なし)」、10、25、50、100の中から選べます。

③ 「Order By」は昇順 / 降順を選べます。

Ascending で昇順(古い順)、Descending で降順(新しい順)で表示されます。

④ Search pattern:検索したい文字列を入力します。

⑤ Replace pattern : 置換したい文字列を入力します。

 

それぞれを入力したら「Search」「Replace」「Replace & save」から実行する動作をクリックします。

 

実際の置換作業を元に見ていきます。

今回はSSL化した際に、内部リンク、画像URLを http~ から https~ に置換してみます。

Search pattern に「http://revolatory02.com/」

Replace pattern に「https://revolatory02.com/」と入力してやってみます。

(外部リンクまで検索してしまわないように、ドメインまで入力しています。)

「Search」をクリックすると、Search pattern に入力したものと一致する部分が表示されます。

 

「Replace」をクリックすると、置換した後どのようになるか表示されます。
この時点ではまだ置換は実行されません。プレビューの様な状態です

 

「Replace & Save」をクリックすると置換が実行され、保存されます。
確認等は一切出ず、置換が即実行されます

 

複数パターンの文字列をまとめて検索する方法

例えば、僕がこのブログで「れぼる」と名乗っている部分と「Revol」となっている部分をまとめて「レボル」にしたいとします。

そんなときは「Regex」にチェックを入れ、Search pattern に(れぼる|Revol)と入れて検索してみましょう。
※注1:()|は全て半角で入力します
 注2 :「Regex」にチェックが入っている場合、1パターンのみの検索でも(れぼる)といった感じに()でくくる必要があります。

すると「れぼる」と表記されている部分と「Revol」と表示されている部分両方が検索されます。

 

他にも

・大文字/小文字両方を検索したい場合
((R|r)evolution)と入力すると、Revolution と revolution

・スペルミスがあるかもしれない場合
 (r(e|a)volution)と入力すると、revolution と ravolution(スペルミス)

といった検索ができます。

 

まとめ

・Search Regex を使うと、ブログ内の文字列を一括で変換できる

・「Regex」にチェックを入れ、”  (  “、”  )  “、”  |  “を使うことで、複数パターンの文字列を検索できる

 

アフィリ
頻繁に使うものじゃないけど、いざっていう時に便利ね。
Revol
SSL化後の画像URLの https化は正直めんどくさいけど、これを使えば早い。

ブログ全体を通して書き直しをする時はうまく利用するんだ。

それじゃあ、今回の解説はここまで。

ありがとうございました。

アフィリ
ありがとうございました。し~ゆ~

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました