ブログで商品を紹介して月数十万~百万稼ぐ方法【アフィリエイトとは】

アフィリエイト

どうも、れぼるです。

 

今回は、ブログやSNS、メルマガで商品を紹介して収入を得る、

「アフィリエイト」

というビジネスについて解説します。

 

アフィリエイトは個人でも出来、しっかりとした収入と、

自由な時間も手に入るビジネスです。

あなたがもし、

・もっと収入がほしい

・今の職場で働き続けるのが辛い

・副業をしたい

・もっと遊ぶ時間やプライベートな時間が欲しい

といった悩みがあるのでしたら、アフィリエイトというものの存在だけでも知っておいて下さい。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、ブログやSNS(ツイッターなど)、メルマガ等で商品を紹介して、紹介料を得る、ネット上の広告代理店のような仕組みです。

 

例えば、あなたがブログで「この本おもしろいよ~」と本を紹介して、その本の販売リンクを貼ります。ブログへ来た人がそこから本を買うとあなたに紹介料が入るといった感じです。

 

アフィリエイトの具体的な仕組み

先ほど、ネット上の広告代理店のような仕組みとお伝えしました。

商品を持っていてそれを販売したい人(=販売者)がいて、その商品をあなたがブログやメルマガ等で紹介します。あなたの紹介で商品が売れた時、販売者からあなたへ紹介料が支払われます。

 

より具体的には、以下の様な仕組みになっています。

 

アフィリエイトを行うには、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)というものを利用します。ASPとは、アフィリエイト案件の広告を扱っているサイトです。

このASPであなたが販売したい商品を探します。そしてその商品の広告を提携すると、あなた専用の販売用リンクが発行されます。このリンクを、あなたがブログ、メルマガ、SNSなどに掲載し、そこから商品が売れるとASPを通して報酬が支払われます。

 

例えば、FXでの稼ぎ方を教える教材は、30000円くらいのものが売れると15000円報酬が入ったりします。

また、身近なものですと、Amazonにある商品もアフィリエイトでき、販売額の1%~7%ほどの収入が得られます。

 

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトは他のビジネスと比べて、次のようなメリットがあります。

・自分で商品を開発しなくて良い

自分で商品を作るというのはかなり大変な事です。

しかし、アフィリエイトは販売者の持っている商品を紹介するので、自分で商品を作る必要がありません

無在庫でできる・配送もしなくてよい

アフィリエイトで購入された商品は、販売者から購入者の手元に送られます。

ですので、あなたは商品の在庫を持ったり、配送する必要はありません。

販売が成約した時にあなたに報酬が支払われるので、成約が出来なかったとしても損失は発生しません。

 

商品や売上の管理、配送や顧客サポートも販売者やASPがやってくれます。

(独自特典として、あなたが購入者さんへのサポートを付けるのは有効な手段です)

 

 

アフィリエイトのデメリット

アフィリエイトにもデメリットがあります。

次の様な事が、特に自分で商品を作った場合と比べた時デメリットとなります。

販売者の都合に左右される

アフィリエイトの場合、商品の権利は販売者が持っているので、販売者の都合に左右されたりします。

例えば

・突然の販売終了

・商品価格の変更

・アフィリエイト報酬額の変更

などがあります。

 

ライバルアフィリエイターがいる

その商品をアフィリエイトしているのはあなただけではないので、そういったライバルとの競争があります。

 

そういったライバルと差別化するために、独自に特典を付けたりします。

 

なぜアフィリエイトに取り組んだ方が良いのか

 

はじめてビジネスに取り組む場合は、アフィリエイトをお勧めします。

その理由は次の3つです。

・自分で商品を開発しなくて良い

・リスクが少ない

・お客さんが必要としている商品=売れる商品がどんなものかを学べる

 

1つずつ説明していきます。

・自分で商品を開発しなくて良い

あなたにすでに何らかの実績があり、もしすでに”売れる”商品を持っている、又は作れるのでしたら、自分の商品を売るのも良いと思います。

 

しかし、最初から”売れる”商品を作ることはとても難しいです。

大量の時間を使い、苦労して作った商品が必ずしも売れるとは限りません。

 

まずは、アフィリエイトを通して、”ものを売る”という一連の流れを身に付け、その中で得た情報から、自分の商品を売るのがオススメです。もちろん自分の商品を販売しつつ、アフィリエイトもしてOKです。

 

・リスクが少ない

アフィリエイトにかかる経費はパソコン代と、月々のサーバーレンタル代やメルマガ配信システム利用代合わせて月1万円前後です。

株や不動産の様な莫大な投資をして失敗するリスクがないのはもちろん、在庫を持つ必要がないので、売れなかったからと言って負債を抱えることもありません。

 

・お客さんが必要としている商品=売れる商品がどんなものかを学べる

商品を販売していく中で、どんな商品が売れ、どんな商品が売れないか学ぶことが出来ます。メルマガ読者のお客さんとやり取りをすれば、さらにその感性が磨かれます。

 

アフィリエイトで販売できる商品

アフィリエイトは販売する商品の形態により種類があります

情報商材系アフィリエイト

情報商材とは、教材など情報をまとめたりした商材のことです。

例えば、稼ぐ系、恋愛系、ダイエット系などがあります。

 

情報商材系のアフィリエイトの特徴は、報酬率が高いものが多い事です。

一方”情報”という実体のないものを扱っているので、お客さんに商品の価値をしっかりと伝える必要があります。

 

物販系アフィリエイト

物販系アフィリエイトとは、文字通り実物の商品を扱うものです。

実は身の回りにあるものの大半はアフィリエイト可能です。

日用品、家電、パソコン機器、保険、ファッション、趣味などなど。

Amazonや楽天もアフィリエイトできます。

 

物販系アフィリエイトの特徴は、実物を扱うので、商品の価値を伝えやすいという事です。

一方、製品の原価がある分、一般的に報酬率は低め(数%)です 。

 

情報商材系と物販系、どちらをやった方が良いのか

結局、情報商材系と物販系ではどちらが良いのか。

結論から言うと両方やれば良いです

 

大きく稼ぎたい(アフィリエイトだけで食べていける、もしくはそれ以上の収入がほしい)のであれば、報酬率の高い情報商材系がオススメですが、その中でもチャンスがあれば物販をすれば更なる収入となります。

 

例えばダイエット系であれば、ダイエットのマニュアル(情報商材)と、そのマニュアルで使用しているダイエット器具(物販)、

稼ぐ系であれば、教材(情報商材)と、お勧めのビジネス書籍や、作業に役立つパソコン周辺機器(物販)といった具合です。

 

アフィリエイトは、売り上げが発生した時に報酬が発生する成果報酬型で、在庫も持つ必要がないので、リスクがありません。

どちらかに捕らわれないで、お客さんにとって役に立つものは販売していくのが良いです。

 

アフィリエイトで手に入る未来

アフィリエイトで得られる収入

アフィリエイトで得られる収入は青天井です。

一般的なサラリーマンの年収を超えることも出来ます。

実際、アフィリエイトだけで億単位の収入を得ている人もいます。

 

例えば、対面での販売の場合、1日に営業できるお客さんの数には限界があります。

しかし、あなたがブログで何か商品をアフィリエイトした場合、

ブログには24時間いつでもアクセスして頂くことが出来、人数にも限界がありません。

お客さんにメルマガに登録してもらっていれば、1度の配信ですべてのお客さんにアプローチ出来ます。

ですので、収入に上限が無くなるのです

 

時間と場所の自由

ブログやメルマガは1度書いてしまえばいいので、その後は自由な時間を過ごすことが出来ます。

また、ブログやメルマガを書くのは、インターネットにつながったパソコンさえあればどこでも出来るので、場所も自由です。

旅行をしながらアフィリエイトに取り組むことも出来ます。

 

実際僕も、今この文章を遊びに出かけた道中に書いています。

まとめ

おさらいします。

・アフィリエイトとは、ネット上の広告代理店のような仕組み

・アフィリエイトのメリット

・自分で商品を作らなくて良い

・無在庫で出来る・配送しなくて良い

・アフィリエイトのデメリット

・販売者の都合に左右される

・ライバルのアフィリエイターがいる

・アフィリエイトに取り組むべき理由

・自分で商品を開発しなくて良い

・リスクが少ない

・お客さんが必要としている商品=売れる商品がどんなものか学べる

・アフィリエイトには、情報商材系と物販系がある

・アフィリエイトは収入の上限を無くすことが出来る

・時間と場所の自由が手に入る

 

いかがでしたでしょうか?

あなたがもし、

・もっと収入を増やしたい

・仕事で自由な時間が無い

・今の職場環境に苛立ちやストレスを感じる

といった悩みを抱えているのであれば、

アフィリエイトの存在だけでも覚えておいて損はないと思います。

 

また、メルマガ内でも解説していくので、

興味が湧いたという事であれば、ぜひそちらもチェックしてみて下さい。

メルマガはこちら

 

それでは、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました